アスペルガー&介護のブログ

2017年 母84歳(アスペルガー)と父84歳(認知症)の介護について

2014年 実家の様子

ケアマネージャーさんから電話があったあと、母から父の様子がおかしいと、


連絡があり、実家の様子を見に行った。


実家には介護用ベッド、ポータブルトイレ、風呂場の取って、シャワー付きトイレなど


介護用品や風呂場が改造されていた。


ケアマネージャーさんが、勝手に色々とヘルパーさんを手配して


部屋に入れてたと言い、父は頼んでいないとケアマネージャーさんと


よくケンカしていた、と母は言っていた。


当時、ケアマネージャーの役割をよく知らず、母の話からケアマネージャーは


自分の裁量で介護サービスを手配するのか?と思ったのだが。


今ならケアマネージャーが要介護状態を見てケアプランを立て、利用者と契約して


ケアプランに沿って手配しているので、母がケアプランの内容を忘れていると


分かる。


父と喧嘩してトラブルになったのではなく、母とトラブルになったのだろう。


母は、最近ケアマネジャーさんが来なくなった、と言っていたので、


匙を投げられたようだ。


ネットで脳の専門病院を探し、父を病院に連れて行ったが原因不明だった。